CPIM資格取得に向けた事前準備

事前確認事項

  • CPIM試験は、受験資格に制限を設けていませんが、すべての問題が英語のため、英語読解能力が必要です。
  • 学習を開始する前に、まずは無料のCPIM ECM (Exam Content Manual)をご覧になって、学習内容と試験問題に関する全般的な情報を確認してください。
  • 各科目(モジュール)の概要はAPICSホームページでも確認できます。

研修受講

APICS認定講師による研修受講による事前準備が可能です。日程をご相談のうえ、御社で社内研修を開催することも可能です。詳細につきましては日本生産性本部コンサルティング部までお問い合わせください。

 

インターネット講座受講

時間や場所の制約がある方は、APICS Online CPIM Review Courseを受講することができます。

独学(資格取得者の勉強法の例)

独学で準備し、受験される方も多くいらっしゃいます。下記はあくまでも参考用の例までです。

1.「独学が出来る教材」
私自身は段ボール一つくらいのReferenceの本をまとめて購入して独学したのですが、結局は1/3も読み終わりませんでした。一番のおすすめは、たとえ研修コースに参加されなくても、やはり「Participant Workbook」を購入して学習するのが一番効率的だと思います。テストに出そうなキーポイントが網羅されているので、Reference bookをたくさん購入して片っ端から読んでいくよりも、はるかの効率が良いと思います。また練習問題を解いたりして自分の弱いところを見つけて集中的に学習することもできます。(Aさん)

基本的には、教科書(Participant Workbook)をOnline Shopで買って読んで頂くのが第一です。その後の練習問題としては、CD-ROMがあり、Datachemで検索すれば出てきます。また、下記2冊はCPIM BSCMの大元になっている教材ですので、参考書としてお勧めです。『生産管理入門 ERPを支えるマテリアルマネジメント』(絶版)JR.Tony. Arnold 中根 甚一郎 訳『Introduction to Material Management』JR Tony Arnold, Stephen N,Chapman(Bさん)

2.「BSCMの次に勉強する科目」
順番としてはハイレベルな計画系のモジュールからから徐々に実行系のモジュールを学習するのが良いと思います。集中的に1科目だけ学習して、特にCPIMの取得は目指さない方であれば、そのモジュールだけ学習するという選択肢もあるかと思いますが、全科目を受験してCPIMの取得を目標にされる方は、BSCM->MPR->DSP->ECO->SMRの順番が一番おすすめです。もう一つのパターンとしては、ご自分の得意な科目から学習されて徐々に時間をかけてまわりを固めながら、普段のお仕事とあまりかかわりのないモジュールへと学習の中心を移していくという方法があります。(Cさん)

BSCMはBasicですので、1番先ですが、その後は特にどういう順番が適しているのかと言うことはないと思います。しかし、業務工程(Master Planning、Demand Forecast, S&OP, MRP, Production execution etc….)に沿ってデザインされているので、BSCMの次にMPRと言うのが順当かとは思います。(Dさん)※現在は、BSCM科目はCPIM Part 1、BSCM以外の4科目はCPIM Part 2として統合されています。

【補足】

2017年に試験制度変更(5科目→2科目)があり、教材もそれに合わせて再編されています。
ParticipantWorkbookの販売がなくなり、Learning Systemになりました。
以前はdatachem社のCD-ROMの問題集をAPICSが販売していたのですが、今は販売していません。
APICSの販売は、CPIM Learning Systemという紙の教材とオンラインコンテンツ(1年有効)にPart1, Part2とも統一されており、そのオンラインコンテンツの中に模擬問題が入っています。
なお、datachem社では現在も下記のように独自に問題集を販売しています。
https://www.datachemsoftware.com/categories/supply-chain
またCSCPの問題集である、CSCP review questions 1000については、以前のサイトが変わってしまってい入手できませんが、CSCPについての問題集はいろいろあります。
https://www.exam-labs.com/info/CSCP
https://itunes.apple.com/us/app/cscp-exam-1000-questions/id1348849376?mt=8
これらは第3者提供のもので、APICSとしては、CSCPについても、CSCP Learning Systemという紙の教材とオンラインコンテンツ(1年有効)のみを提供しており、そのオンラインコンテンツの中に模擬問題が入っています。
なお、amazon.comやebayなどで検索すると、以前の中古教材(問題集)を入手可能な場合もあります。

 

 

 

主な教材はこちらをご覧ください。