CSCP資格取得に向けた事前準備

事前確認事項

  • CSCP試験は、受験資格を設けています。
    • To be eligible for the APICS CSCP designation, you must have:
      • the APICS CPIM, CFPIM, or CIRM; or C.P.M., CSM, or CPSM designations plus two years of related business experience, or
      • bachelor’s degree or equivalent plus two years of related business experience, or
      • five years of related business experience.
  • 受験前に、上記受験資格についてAPICSに資格申請をしてください。なお1度受験資格の承認が得られれば、次回受験の際にはこの手続きは不要です。
  • すべての試験問題が英語のため、英語読解能力が必要です。
  • CSCP資格を取得するためには、1度の受験で合格すれば、資格を取得することができます。

独学(資格取得者の勉強法の例)

CSCPの場合、ほとんどの方が独学で準備し、受験されていらっしゃいます。APICSでは、CSCPラーニングシステムという自習用の教材を販売しております。これには紙の教材とともに、ウェブのコンテンツ(模擬問題や関連資料のリンク、動画など)が含まれています。このウェブコンテンツへのアクセスは、お申込みから1年のみ有効となります。この期間を一つの目安として学習いただき、受験いただく方がほとんどとなります。このLearning Systemについては、こちらからご注文ください。

研修受講

なお、社内で例えば10名以上など集団で学習を計画される場合は、同じ教材を利用して、日本生産性本部からAPICS認定講師を派遣して、御社内で教育を実施することも可能です。ご相談ください。詳細につきましては日本生産性本部コンサルティング部までお問い合わせください。