活動履歴

★APICSコミュニティ講演会を開催「科学でサプライチェーンを進化させる!TOC全体最適のサプライチェーンマネジメント」

日本ならでは、日本におけるAPICSの価値を開発し、伝える。」
これがAPICSコミュニティのミッションです。SCMに関心のある方、APICS資格を取得しようとしている方、APICS資格取得後に能力を向上したいと思っている方を対象として、日本でのAPICSを盛り上げる活動が昨年立ち上がりました。その第3回イベントとして2018年5月14日に、APICSコミュニティ主催にて、講演会を開催いたしました。「科学でサプライチェーンを進化させる!TOC全体最適のサプライチェーンマネジメント」と題して、ゴールドラット・コンサルティング・ジャパン CEOの岸良裕司氏に講演いただきました。TOC(制約理論)の本質とその概念の発展、適用可能性について、さまざまな例をもとに説明がなされました。60名近くの参加者は熱心に聞き入り、その後有志参加者による懇親会も開催されました。

KIMG0815 KIMG0818 KIMG0819

 

★APICSコミュニティ講演会を開催 

2018年2月6日、日本生産性本部にて、APICSコミュニティ講演会が実施されました。APICSコミュニティとは、サプライチェーンマネジメント(SCM)の国際的教育団体APICSの資格や教育内容に関心を持つ企業人の集まりです。「株式会社日立製作所神奈川事業所におけるAPICS知識体系の活用」と題して、同社ITプロダクツ統括本部グローバルサプライチェーン本部の小嶋美浩氏(生産計画部部長)、井上高成氏(BPR推進部主任技師)から発表されました。会場には、さまざまな業種でSCMに携わる方やコンサルタントの方など、60名以上が参加しました。

KIMG0342KIMG0351KIMG0360

★米国より講師を招聘し、APICS TTTおよびAPICS AIS研修コースを開催

2018年2月3日に日本生産性本部にて、APICS AIS(Applied Instructor Skills)コースを開催しました。米国よりMaster InstructorのJoyce Lewis講師を招聘し、実施しました。対象は日本人のAPICS Recognized Instructorの方で、4名が参加しました。なおこのAPICS AISコースは新設されたコースであり、アジア太平洋地区で開催されたことは1度だけであり、今回が2回目となります。

AIS in Tokyo_Feb 3_2018_1KIMG0084

また続く2月4日及び5日の2日間を利用して、同じくLewis講師により、APICS TTT(Train The Trainer) Instructor Courseを開催しました。本コースは、APICSのインストラクターになるために必須の研修であり、日本生産性本部で開催するのは3回目となります。また今回、日本からだけではなく、タイ、シンガポール、マレーシアからの参加者も加わり、11名で開催いたしました。なおAISおよびTTTともグローバル共通のプログラムとなります。

TTT in Tokyo_Feb 4-5_2018_1TTT in Tokyo_Feb 4-5_2018_3TTT in Tokyo_Feb 4-5_2018_4